MENU

妊娠中のつわりにとても悩まされました

妊娠

 

私が経験した妊娠中の困ったことと言えば、つわりです。

 

つわりには多くの妊娠中の女性が悩まされると思います。

 

もちろんつわりがすごく大変なものというのは知っていたのですが、実際に聞いていたことと体験してみるとでは全く体感が異なりました。

 

 

 

まずすごく辛かったのは、全く食事や水分が摂れなくなったということです。

 

正直つわりがあっても少しくらいは飲み食いが出来ると思っていましたが、私の場合はそれが叶いませんでした。

 

それどころか、室内のにおい、料理のにおいなども全く受け付けなくなり、

 

料理の写真やテレビの映像を見ただけで気持ちが悪くなってしまい、トイレに駆け込むことも度々ありました。

 

室内のにおいがだめになってしまった時はどんな風にこの時期を乗り越えていったら良いのか本当に悩みました。

 

 

 

まず食事や水分が摂れなくなったことに関してですが、かろうじてパイナップルやスポーツドリンクだけは摂取出来たので、

 

本当に何も口に入れられない時はこれらのものを摂取していました。

 

どちらも糖分の多いものになるので、あまりたくさん食べないように気を付けました。

 

もちろんつわりがひどくて買い物に行くことが出来ないので、実家の母や主人に代わりに買い物に行ってもらいました。

 

 

 

つわりがひどい時はあまり無理して動かずに、出来るだけ横になるようにしました。

 

気持ち悪い、気持ち悪いと考え過ぎると精神的にも良くないと思ったので、横になりながら好きな音楽を流したりして、

 

少しでも気分が良くなるように工夫しました。

 

つわりはいつがゴールなのかがわからず気持ちの持ちようがすごく難しいのですが、絶対におさまる日は来ます。

 

それを信じてあまり気持ちが暗くならないように心がけるようにしました。

 

 

 

安定期を過ぎた頃から少しずつつわりがおさまってきて、普段のご飯も食べられるようになってきました。

 

ただあまりにも量を食べると気持ち悪くなってしまう時もあったので、

 

一気に食べずに少しずつ小分けに食べるようにしていました。"

このページの先頭へ