MENU

2度のつわり

妊娠

 

2回の妊娠・出産経験がありますが、2回ともつわりに悩まされました。

 

初めての妊娠の時は妊娠3カ月に入る頃、8週目あたりから徐々に症状が現れはじめました。テレビで見るようなご飯の炊ける匂いで「うっ」となりました。その後、あらゆる匂いが苦痛になり常にマスクをつけていました。ピークは10週目あたりでアルバイトをしていたのですが2週間ほど休みをもらいました。

 

2回目の妊娠の時はもっと早い段階でつわりの症状が出始めました。しばらく赤ちゃんが出来なかったので妊娠できた時はすごく嬉しくて喜んでいたのですが、喜びもつかの間、5週目ぐらいから吐き気に襲われました。妊娠に気づいた時、同時に風邪を引いていてもともと鼻炎持ちだった私は鼻詰まりがひどくなっていました。いつもの鼻詰まりよりもひどく、耳鼻科を受診しようと思いました。

 

それでも、薬の関係で先に産婦人科を受診することに。早く行きすぎても赤ちゃんが確認できない場合があるので6週を過ぎたころに受診しました。きちんと赤ちゃんも確認できましたが、すでにつわりでぐったりしていました。体は辛いけれどその足で耳鼻科を受診し、副鼻腔炎を発症していると診断されてしまいました。

 

妊娠初期で薬が飲めないため、「できるだけ鼻を洗浄しに来てください」と言われました。

 

でも、病院に行けたのは2日間だけで病院についても吐き気に襲われ治療を断念しました。その辺りからほぼ寝たきり状態できちんとしたご飯もほとんど食べられませんでした。それなのに口が空っぽになると気分が悪く、ずっと飴を舐めていました。上の子供の面倒も見られず、昼間は近くに住む実家に預けてご飯も食べさせてもらいました。夜ご飯は主人に頼んでお惣菜などを買ってきてもらいました。

 

徐々にご飯が食べられるようになりましたが、1人目の時も2人目の時も濃い味のご飯だけは体が受け付けました。牛丼や唐揚げ、ポテトなど普段は好んで食べないようなものばかりでした。つわりが酷い時、実家が近くで本当に助かりました。上の子はオムツが取れていなかったのでオムツを替える時の匂いも辛かったからです。つわり以外は健康体で妊娠中期以降はトラブルもなく無事出産を終えることができました。"

このページの先頭へ